Nature Cat 輸入食品の真実
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

輸入食品の真実

輸入食品といえば、

皆さんとは馴染み深いものだと思います。

毎日作るお弁当の中にある冷凍食品

調味料お惣菜うどん、まぁいろいろ。


いまの時代、

一家に一台パソコンがあり、天気予報やニュースを見たり、

池袋のあのラーメン屋がうまいだの、渋谷行ったらマルキューだの

様々な情報を手にしている、いわゆるインテリという人がいて。

そのようなインテリに限って毎日朝ごはんに出る、

みそ汁の材料やパンがどこでどうやって加工、搬送され

食卓に来ているのかということに関しては、全くの無知なんです。

要は、情報のブラックボックス


今日は、そのブラックボックスをちょっと開けてみましょうか。




とある、運搬業の話。

ある人が、自分の普段食べている輸入食品が

どこから来るのか調べるべく、

生産→販売の流れを逆に辿って実際に見に行ったそうです。

輸送で有名な横浜の港。ところどころに赤く錆びたドラム缶

何が入っているのか、巨大なコンテナ

外に山積みになった物体α、β…

今外国から着いた下ろされたばかりのうどんが、

なんと讃岐のプレートを付けたトラックへ積まれ、

着いたばかりの茶葉が静岡プレートのトラックへ積まれ、

有名で馴染み深い食品までこういった始末。

じゃぁコンテナに入っているのは、なにか食品じゃなかろうか。

ドラム缶の中に入ってるのは、一口茄子ではないか。

あの山積みの物体αはワラビではないかと

愕然としたらしい。

しかも港にはトイレがなく、

食品積み荷の脇で、従業員がちょっと失礼

ということも多々あるらしい;

運搬業の従業員は、こんなもの誰が喰うんだろうな、といってトラックを走らす。




これを聞いて僕も愕然としました。

じゃぁ自分が食べてる輸入食品を使った冷食やお惣菜も

そのような段階を踏んでいるんでないかって

深刻に心配しています。

皆さんも買い物するときはちょっとは気を遣って下さいね。

といってもこの話は数十年も前の話なんで今は違うかも!
(というか違っていてほしい)



余談で一つ。

ある物を運ぶトラック。それは『人の髪の毛』

カツラに使うんだろうって!?

違います。

そのトラックの行先はなんとパン屋さんなんです。

どうやら防腐剤に使われるらしいのですが、

その髪の毛は美容院から出たものなのでしょうか、それとも…

まぁどっちにせよ嫌ですよね;


今、深海魚の肉でできた、烏賊なんかふつうに冷食にいますからね。

あなたがこれだと思って食べてるものも、

じつはとんでもないものからできているかもしれないですしね。


一応言っておきますが、上の事が全て本当だとは言い切れません。
(体験談を聞いただけなので)

気になった人は自分の眼で確かめてください。

意外な発見があるかもしれませんし…


スポンサーサイト

2010/02/04 06:52 | 農業COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。